コラム

【ワキガはうつる?】うつったと勘違いしやすい3つのシチュエーションについて解説

ワキガうつる

 

こんにちは、はるなです。

 

ワキガについてよく勘違いされることがあって、それについて書いていこうと思います。

それは、「ワキガがうつる」という嘘情報です

 

 

ワキガは風邪のようにウイルスがいるわけではなく、体質です。

決して他人にうつる事は決してありません。

 

 

もし「あれ?急に臭いがする」と思ったのであれば

  1. ワキガの臭い自体が物理的にあなたに付着しまった
  2. あなたのワキガ臭が強くなった

のどちらかです。

 

その辺を以下で、詳しく解説していきますね。

 

 

 

ワキガは体質だから人から人にはうつらない

ワキガは体質だから人から人にはうつらない

 

冒頭でも書きましたが、ワキガが人にうつることはありません。

 

親から子供にワキガが遺伝としてうつることはあっても、空気や肌の接触でうつることはありません。

 

だからもし、あなたが「うつった」と思った時は以下「ワキガがうつったと勘違いしやすいシチュエーション」に心当たりがないか確認してください。

 

では解説していきます。

 

 

ワキガがうつったと勘違いしやすい3つのシチュエーション

ワキガがうつったと思たときは、以下のような状況があったか確認してください。

 

3つご紹介します。

 

 

SEXでパートナーの汗が付いた

SEXでパートナーの汗が付いた

 

性行為によってパートナーの汗がついたケースです。

 

体の接触が多くなるので、相手がワキガの場合、汗の付着によってニオイが一時的に付いてしまいます。

ですが、ワキガという体質自体がうつることは決してありません。

 

 

特に女性の場合、性器の分泌物や陰部はフェロモンの関係で、ニオイがきつかったりします。

特にワキガ臭のようなニオイが強い傾向にあります。

 

そのため、SEXによって汗や分泌物がついた事で、「ワキガがうつったかも?」と勘違いする人もいるかもしれません。

 

 

 

 

洋服の貸し借りや体温計の貸し借りでニオイが付いた

洋服の貸し借りや体温計の貸し借りでニオイが付いた

 

 

洋服を借りたり貸したときにワキガ臭がしたのであれば、それは相手のワキガ臭が洋服に付いているだけです。

 

あなたがワキガになった可能性は低いでしょう。

 

 

借りた場合ならきれいに洗濯してあげて返却すれば良いのですが、貸していた洋服にワキガ臭がついて返ってきたのであれば、丁寧にニオイを除去したいところですよね。

1日貸していたくらいであれば繊維内に染み込むところまでいっていないと思うので、早めに洗濯すれば普通にとれるはず。

 

 

心配な場合は、洗濯前に脇の部分に重曹をかけ、水と一緒に揉みこんでみてください。

 

そのあとで洗濯機を回すと皮脂や脂が浮き出やすくなっているので、きれいにニオイも除去できるはずです。

 

めったにないですが、体温計の貸し借りでも、相手の汗が付着することで臭うだけです。

 

 

温泉やプールなど独特なニオイのするところに入った

温泉やプールなど独特なニオイのするところに入った

 

温泉やプールって独特なニオイがしますよね。

 

温泉には硫黄成分やミネラルがたっぷり入っていますし、プールは塩素が大量に入っています。

 

 

そういった独特な成分が入った水に体をつけてると、乾いた後に、ミネラル分やその他成分だけが残って独特な臭いになったりすることがあります。

 

 

この場合、水分中の成分が付着しただけで、あなたのワキガ臭ではありません。

一緒に浸かっていた人のワキガがうつってニオイがするわけでもありません。

 

 

付着したニオイもしばらくすると消えてなくなるでしょう。

まったく気にしなくても大丈夫です。

 

 

 

 

ここまでで、いずれかの状況に心当たりのある方はワキガではないですが、

 

問題は、上記のどれにも当てはまらないのに自分からワキガ臭がする場合です。

 

 

その場合、次のようなことが考えられます。

 

 

 

 

あなた自身のワキガが強く臭うようになった可能性がある

あなた自身のワキガが強く臭うようになった可能性

 

 

うつったと思っていたそのワキガ臭。

 

うつったのではなく、あなた自身が本当にワキガになってしまった

もしくは、もともとワキガだった可能性があります。

 

 

ワキガは体質で、アポクリン汗腺の数も生まれつき決まっていますが、急にワキガの臭いが強くなることがあります。

 

生活の変化やストレス、食生活の変化などで体質が変わり、ワキガ臭が強くなるケースです。

 

もともとはあまり臭わなかったから気づかなかったけど、急に強くなったことで気づいたわけです。

 

 

 

今まで臭わなかったのに急にワキガになることがある

今まで臭わなかったのに急にワキガになる

 

上でもご紹介しましたが、今まで臭わなかったのに、急にワキガになることがあります。

 

厳密には「今までは臭いがとても弱かったのに気にならなかったけど、急に強くなる」という意味です。

 

 

特に生活環境が変化したときに発症しやすくて、

ストレスが大きな原因です。

 

 

ストレスを感じると、交感神経優位になり、体が興奮している状態になります。

そうすると汗が出やすく、運動もしていないのに変な汗がじわっと脇の下に出てきます。

 

 

この時の汗はアポクリン汗腺からのもので、ニオイがきつくなります。

だから「あれ?臭うかも?」って自分でも気づくんですね。

 

こんな人は急にワキガになりやすい

  • 学生から急に社会人になった人
  • 転職した人
  • 部署移動や転勤
  • 昇進して責任ある立場になった

こういった生活の変化がありませんでしたか?

 

対策法としては、リラックスできる時間を作ったりデオドラントなどで対策して、精神的にも物理的にも対策するのが良いでしょう。

 

 

 

 

ワキガかどうか確認する方法

あなたがワキガであるかどうか確認する方法をご紹介します。

 

当てはまっていればいるほどワキガである可能性が高くなります。

 

ワキガのセルフチェック表

 

各項目の詳細は、【ワキガを自分で気づく13の項目】ワキガのセルフチェックで書いていますので、併せて見てみてください。

 

 

 

まとめ|ワキガがうつることはないから臭う原因は他にある

 

ここまで、ワキガがうつったと思った時に考えられる状況について解説してきました。

うつったと感じる場合には、その前に何が心当たりがあるはずです。

  • 性交渉によってついた汗が臭う
  • 洋服や体温計の貸し借り
  • 温泉やプールに入った

などです。

 

当てはまる場合は、特に気にすることもありません。じきにニオイも消えます。

 

 

当てはまらない場合、あなたがワキガになった(ワキガ臭が強くなった)と考えられます。

 

ご自身でチェック項目を確認し、当てはまるようでしたら、デオドラントなど可能なワキガ対策を検討することを推奨します。

 

 

-コラム

Copyright© IssueSource , 2020 All Rights Reserved.